1000円の格安キャバクラよりも3~4万円の高級クラブの方が気持ちいい理由

最近は女の子と遊ぶにもお金がかからなくなってきている。

キャバクラなんてセットで1000円台も出てきた。

しかし、こんな〝クラブ〟ばかりいっていると、さすがに、男の力がナマるという気にもなってくる。

やはり、ちょっとやそっとでは男にはナビかない銀座、六本ほんかい木あたりの高級ホステスをソノ気にさせてこそ、男子の本懐というものだろう、などという気がムクムクと頭をもたげてくる。

 じつは、超安キャバクラの一方で、バブル崩壊後に絶滅しかかった高級クラブが、静かに復活している。

ほかの業種の例にとう た もれず、どっちつかずの中級クラブだけが淘汰されていったのだ。

そうなると、そのコントラストによって、超安キャバクラにいっているわが身が、〝草野球〟にあまんじているように思えてきて、一席三万円、五万円のクラブで男の力をためしたくなってくる。

三万円、五万円は、たしかにバカバカしい。

だが、夜の街で札ビラをきっていた不動産屋たちが消え去った後も、高級クラひブの灯は消えていない。

それは、高級クラブが、男に、〝口説きのメジャー・リーグ〟に挑戦するような気を起こさせるからだろう。

一方の高級クラブ側の立場に立つと、ホステスが高級でエレガントというだけでは、リピーターを得ることはできない。

じつは、高級クラブには、そこいらの超安キャバクラにはない、昔ながらの心理術が脈々と生き残っているのだ。

それは、ひと口にいうと、男の「自己愛」をくすぐる心理術である。

入店した男たちは、まず、高級クラブの席に座ったステータス感にひたる。

しかし、同時に、このメジャーの場で、自分の力がどれほど通用するかについての不安も、おぼえる。

これが、本当の勝負の場ならば、安キャバクラから上がってきたばかりの男など、四打席四三振で終わるのが関の山だ。

ところが、高級クラブのホステス嬢は、どんな男にも「自分さっかくが一番モテている」という錯覚を起こさせる術を心得ている。

3、40分に一度はほかの客によばれるのだから、そう思わせるのは至難のワザである。

しかし、すべての客にそう思わせる術を身につけていなければ、一流ホステスとはいえない。

「自分は、トップクラスの女性を相手にしている」というステータス感、そして、「その場で、自分はだれよりもモテている」という自己愛の充足。

そのお値段が、一席三万円、五万円となるわけだ。

これを、目くじら立ててバカバカしいと叫ぶ男は、人生のなんたるかを知らない。

昇進して部長になった男、アカデミー賞を受賞した俳優、選挙に勝った政治家をもっとも満足させるののぼは、衣食住の向上などではなく、天にも昇るような「いい気分」にほかならない。

そして、ふつうならば、「いい気分」は、どこにも売っていないし、いくらだしても買うことはできないのだ。


そこで、男たちは、自分ではそれと気づかずに、それを高級クラブに買いにいくのである。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする