嫉妬心を利用して男をたぶらかす非道徳的な方法とは?

江戸時代の遊郭は「嫉妬」という人間の感情を利用した巧みなシステムの下に成り立っていた。

遊女はどんなに太い客を持っていても、複数の相手をしなければならず、いわゆる遊女と客の色恋沙汰をご法度としていた。

吉川英治の『宮本武蔵』にも、世に聞こえた総合芸術家であ り京都の名士であった本阿弥光悦が、ナンバーワンの大夫(花魁のトップ)に待たされる場面が登場する。

ほかの宴席によばれていて、なかなか姿をあらわさない大夫に、光悦は、「あれは、貴重な女人だ」という思いをあらたにするというわけだ。

こう また、システムだけでなく、花魁自身の駆け引きもじつに巧妙だった。

客は、高い金を払って花魁を座敷によぶわけだが、花魁は、ほかの得意客が待っていることをよそおって、スゲなくことわってしまうことがあった。

そこで、客は、クソッと思いつつも、それほど引きがある女ひとならば、いずれ、このオレが独り占めしてみせようとプライドを燃やす。

そして、当の花魁の値段は、おのずとハネ上がっていくという仕組みである。

小林秀雄と中原中也には、長谷川素子という女性をめぐる有名な三角関係のエピソードがあった。

作家をこころざしていた小林秀雄は、自分に芸術家、創造者としての才能がないことを見定めて評論家に転向した。

天才詩人・中原中也への小林秀雄の友愛には、そもそも、自分にはない才能への嫉妬がふくまれていたのだ。

小林は、中也の愛人であった素子を強引に奪いとってしまうのだが、その背景には、中也の才能への嫉妬がからんでいたとされている。


不世出の文芸評論家だった小林秀雄は、ほかのだれよりも中原中也の才能を理解していた。

その小林にとって、中也の愛人は、自分にはない才能が獲得した勲章的な意味合いがあったにちがいない。

つまり、長谷川素子は、天才詩人の愛人であったがゆえに、ほとんど幻想ともいうべき多大な評価を得ることになったわけだ。

モノの値段は、あってなきがごときものといわれるように、それを求める側の思いによって激しく上下する。

ということは、日ごろモテない女でも、ヤキモチの利用の仕方によっては、その価値を倍増させることができるというわけだ。

たとえば、意図的に三角関係をよそおってみるのも、ひとつの手だろう。

商社に勤務する某OLは、酒を飲みにいくときには、かならず二人以上の男を誘う戦略をとっている。

彼女のビジュアルは、まったく十人並みなのだが、当人によると、「男というのは、女に酒に誘われれば、たいていついてくるもの」なのだ。

その一対二のユニットで、彼女は、二人の男にまんべんなく甘えてみせるのだが、その際、ビミョーに差をつけることを忘れない。

すると、差をつけられたほうは、かならずムッとするという。

そこにあるのは、愛の嫉妬ではなく、どちらがモテるかという、男同士のプライドをかけた嫉妬にほかならない。

もちろん、彼女はそれでかまわないという。

なんたって、あの小林秀雄でさえそうであったように、ライバルへの嫉妬が元で、女性を愛するようになるということは、よくある話だからだ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする