ホモ、ゲイの性感帯は女性のそれとは異なる。驚愕のアンケート結果は?

ハードゲイという言葉があるが、これはゲイの性(さが)を表していると言える。

というのも、ゲイやホモは女性の恋愛のように機微に満ちたロマンなどとは無縁でひたすら肉欲を求めている、ハードな生態なのだから・・・。

以下に、「男の体のどの部分が、ホモを興奮させるか」というユニークなアンケート調査の結果を紹介しよう。


1位 –裸の胸(42パーセント)

2位 –尻(37パーセント)

3位–ペニス(36パーセント)

4位–筋肉質の体型(22パーセント)

5位–髪の色(21パーセント)

6位–愛想のよい顔(13パーセント)

7位–高い背(13パーセント)

8位–若々しさ(9パーセント)こ

9位–体毛の濃さ(8パーセント)

10位――目の色(7パーセント)

顔と若さが6位、8位となっているあたりに、男が女をみるポイントとの大きなズレを感じさせる。

ま、基本的に好みががうのだから、そうやって比較することじたい、ナンセンスなのかもしれない。

ちなみに、他にも、「女が男のどのパーツに興奮するか」というアンケート調査もあり、その結果もついでに紹介しておこう。

1位–小さくてセクシーな尻(39パーセント)

2位–細くひきしまった腰(15パーセント)

3位–平らな腹(13パーセント)

4位–長い足(6パーセント)

5位–高い背(5パーセント)

5位–手触りのいい髪(5パーセント)

7位 –目(4パーセント)

8位–首(2パーセント)

8位–ペニス(2パーセント)

10位――筋肉質の胸と肩(1パーセント)

けっこう、意外な結果である。

女は、ペニスやマッチョな胸ではなく、男の尻、腰、腹にかけての引きしまり具合に、もっとも魅了されているのだ。

もっとも、「顔でも男根の大きさでもないのか、それならば … …」と思ったところで、たいがいの中年男は、ガックリとうなだれる。

尻、腰、腹の引きしめほど、中年男にとって困難な要求はないのだから …。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする