義父が連れ子を虐げる、殺すのは遺伝子学的に当然の帰結

浮気をするのは男だけと思うかもしれないが、これは間違いである。

群れを成すサルの群衆でも、メス猿がすーっといなくっていつの間にかかえって群れに合流した後の出産することがある。

こういう時は大抵集団の外で交尾している。

こうして外部の遺伝子を入れて集団としての群れを強くすると言われている。

人間も然り。

母親が結婚してから浮気をしてできた子どもという場合もあれば、結婚直前に昔の恋人とセックスをしてできた子どもという場合もあるが、いずれにせよ、母親はその子どもの父親が、自分の夫ではないことを知っている。

男にとってはなんとも怖い話だが、女にしてみれば、これはある意味で当然の戦略なのだ。

男は〝自分の遺伝子〟を残したがるものだが、女はもっと合理的というか打算的で、たんに〝自分の遺伝子〟を残したいのではなく、〝よりいい遺伝子〟を残したがっている。

なぜなら、セックス→妊娠→出産というプロセスを踏む女には、その後、さらに「自分と男のあいだに生まれた子どもを育てる」という大仕事が待ち受けているからだ。

その際、自分の子どもは優秀であるほうが育てがいがある。

たとえば、優秀な男として育てあげれば、その息子はやがてめんどうは出世して、自分が年老いたとき面倒をみてくれるだろう。

娘こしを美人で性格のいい女に育てあげれば、玉の輿に乗って、やはあんたいり自分の老後は安泰ということもあるだろう。

と、ここまで考えているかどうかは別として、とにもかくにも、〝いい遺伝子〟をもった精子を選ぼうとするのは、女の本能といっていい。

もちろん、女が結婚するのは、「この相手なら大丈夫」という判断があったからだろうが、結婚後、〝よりいい遺伝子〟をもった相手が現れれば、そちらのほうになびくのが、これまた女の本能というものなのである。

ただし、この女の戦略は、つねに危険と隣りあわせだ。

その危険とは、亭主に浮気がバレたときばかりは、自分が捨てられかく ご ることを覚悟しなければならない。

たとえば、ハナマンラングールというサルは、ボスの座をめぐって壮絶な殺しあいをすることで知られる。

そして、抗争の結果、新たにボスになったオスは、旧ボスの血をひく小ザルを皆殺しにしてしまうという。

すると、ようやくメスは発情し、新ボスの子どもをつくるべく交尾をはじめるのだ。

人間でも、義父が妻の連れ子をイジメるという話はよくある。

ましてや、女房が浮気してできた子どもを夫がかわいがるなどという話は、まず聞いたことがない。

男は、自分の遺伝子をもれいこくたない子どもにたいしては、基本的に冷酷なのだ。

だから、妻の浮気は、ある意味、命がけ。

そのため、妻の浮気はめったにバレないのも当然といえる。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする