浮気がバレたときの言い訳で最も有効な方法はどれ?

浮気というのはバレたと思っても、実はカマをかけられているだけの場合がある。

例えばシャツに口紅がついていたとか、そういう理由だけで浮気がバレた、と思い速攻で誤ってしまうのは愚の骨頂である。

これらは、あくまで〝情況証拠〟にしかすぎず、決定的な物的証拠にはならない。

「浮気がバレる」とは、セックスしているまさにその現場を押さえられた場合と、浮気相手があなたとの関係をバラしてしまった場合についてのみいえることである。

仮にあなたが愛人の部屋にいるところを奥さんや私立探偵にみられたとしても、ちゃんと服さえ着ていれば、「仕事の打ち合わせをしていた」など、いくらでも〝言い逃れ〟ができるのである。

もちろん、状況からすれば、あなたは、かぎりなくクロだろう。

だが、決定的な証拠がないかぎり、そしてあなたが家庭を破壊する気がないかぎり、絶対に浮気を認めてはならない。

これは浮気の鉄則であり、当の妻だって、心のどこかで、あなたが知らばっくれることを願っているはずなのだ。

それでも、不幸にも浮気がバレてしまったらどうするか? もっともやってはいけないのは、「言い訳」である。


たとえば、この本で紹介しているような「男は遺伝子をバラたんさくまきたがっている動物なんだよ」とか、「男の本能的な探索欲求のせいなんだよ」などの理屈をこねるのは最悪である。


なぜなら、女性は感情的な生き物だからだ。

男は、窮地に立たされるほど、論理で逃げようとする傾向が強いが、ただですら感情的になっている女性に、理屈を並べ立てるのは、火に油を注ぐようなものだ。

とにかく、あなたが元の鞘におさまりたいのなら、やるべきことは、たったひとつ。

それは心からの謝罪である。

土下座して、平身低頭、「すまなかった」と謝る。

それでも許してくれそうもなかったら、泣く、自殺をほのめかして家をでる、くらいのことはやってもいい。

感情の動物たる女性には、彼女たちの感情に訴えかけるのが、もっとも賢明な対処法なのである。

こうして、あらゆるプライドをかなぐり捨てて、男が心底、許こしを乞えば、たいていの女性は折れる。

折れるどころか、なかには、そこまで夫を追い込んでしまった自分を責め、夫に同情してしまう奥さんもいるほどである。

ただし、あなたの奥さんが、たとえば『盲導犬クイールの一生』をみても涙ひとつみせないような女性の場合は、保証のかぎりではないことを、つけ加えておく。

こうした女性は、女性特有の「共感力」に流されることなくクールな対処をするため、裁判に訴えられて、骨のズイまでむしられる可能性が高い。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする