非道徳的な暴力で女性を完全飼育奴隷化する方法とは

以前、ある友人女性からこんな悩みを打ち明けられたことがある。

ワガママで怒りん坊。どうしようもない性格で、人間関係のストレスから自分の車のフロントガラスを足で蹴って壊してしまうほどだという。

そんな怖い思いはたくさん、と思って別れを切り出すと、「お前が居ないと生きていけない」と泣いてすがってくるという。

なぜこんなどうしようもない男と別れることができないのかと聞いてみたが、自分でもわからないという。


この奇妙な関係性は、「心理的恐喝(Emotional Blackmail)とよばれる心理状態で成立していると言える。

アメリカの心理学者・スーザン・フォワードが提唱した学説で、この心理的手段を有効にもちいれば、ある種の性格をもったパートナーを意のままに操ることができるのだ。

フォワード女史によれば、「心理的恐喝」には、「F」、「O」、「G」の三パターンの攻撃法がある。

「Fear」(恐怖)――相手が思いどおりにならないとき、別 れや暴力をほのめかして恐怖感を刺激する。


「Obligation」(義務)――パートナーとしてあるべき姿をしめし、それにそえるように義務感を刺激する。

「Guilt」(罪悪)――別れをもちかけるパートナーにたいし、傷ついてふさぎこんだり泣いたりするパフォーマンスをみせて、罪悪感を刺激する。

キャバクラ嬢のしようもない彼氏の場合、あきらかに「F」と「G」の心理的攻撃法をみせている。

それでは、なぜ、キャバクラ嬢は、おめおめとその術中にはまってしまうのか?

第一の理由は、「心理的恐喝」が、彼女にストレートに向けられる暴力のカタチをとっていないことにある。

この彼氏は、飲み屋のオヤジやクルマのフロント・ガラスに当たり散らすものの、けっしてキャバクラ嬢の体を傷つけてはいない。

だから、キャバクラ嬢は、自分が攻撃されたことをはっきりと意識できないわけだ。

フォワード女史は、この効果を「FOG」(霧)と命名していかくる。

その攻撃性が、霧につつまれたようにぼんやりと隠れてしまっているという意味だ。

第二の理由は、女性の側にある。

こんなにしようもない男ならば、一も二もなく、とっとと別れてしまえばいい。

結婚したわけではないのだから、相手がでていかないのならば、自分がでていけば、それでいいはずだ。

ところが、別れない。

なぜなのか?

ポイントは、女の「プライド」にある。

男の意のままに操られるプライドの低さではなく、自分にはダメ男をバックアップする器量がある、自分にはダメ男をはぐくむ人間味があるというプライドの高さのせいなのだ。

この手のタイプは、大阪の女性に多いといわれている。

織田作之助の傑作大衆小説『夫婦善哉』も、〝ドあほう春団冶〟の異名で知られる上方落語の大真打・桂春団冶の出世秘話も、デキた女房がダメ男を際限なく許すお話である。


中村玉緒さんと勝新太郎氏の関係も、そのようなものであったと伝えられている。


それらの〝見上げた女房〟たちは、あきらかに、男のわがままを許してやらねばならないという、強い「Obligation」に支えられている。

つまり、強いプライドに支えられての忍耐なのだ。

さて、あなたは恋人にこのように知らず知らずのうちに操られてはいないだろうか。

もう一度、チェックしてみる必要があるかもしれない。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする