完全攻略!ヒモになってセックスも金も当時に手に入れる簡単な方法

世の中に「ヒモ」と呼ばれる職業があるのはご存知だろうか?

「ヒモ」とは生活費を女性に稼いでもらいつつ、自分でも働かず、その代わりに女性を心身ともに喜ばせる男性をいう。

この前提として女性が金持ち、または羽振りの良い仕事についていることが前提となる。

必然的に、銀座のクラブママやスナックのオーナーママなどのボーイのような存在がヒモになりやすい。

出勤時に車で送迎したり、夜のお相手をしたりして、半ば住み込み奉公のような形をとることが多い。

しかし、これだけで自由にできるお小遣いをもらって、セックス三昧の日々だからこんなにうらやましいことはない。


はたして、男は、どうすればヒモになれるのだろうか?

というよりも、そもそもの話、女性は、なぜ、そんな男と暮らすのだろうか?

あるトップ・クラスのソープ嬢は、月に200万円は稼ぐという。

一回だいたい3万円として、半分は店の取り分となる。

そうすると、月に133人、一日に4.4人の客を接客している計算になる。

一日の労働時間(まったくの肉体労働)が7時間あまり。

これは、男でも音を上げる過酷さである。

身も心もバサバサに疲れはてた一人の女性ができあがるのが、よくわかる。

あるヒモもちのソープ嬢は、 「体よりも、心のほうがすり切れちゃう。だから、家にだれかいて、ウソの愛でもいいから、それをくれる人がいないと、自分を支えるものがなにもなくなっちゃうのよね。もう、自分で自分を支える力がないから」 という。

そこで、ヒモの役割がでてくるわけだ。

おそらく、ヒモになれる男は、心の中身はともかくとして、疲れた女性を癒すテクニックをもっているのだろう。

が、しかし、いっさい金を稼がないばかりか、自分の稼いだ金をギャンブルで浪費するような男を、どうしてメーワクだと思わないのだろうか。

「そりゃ、メーワクよ。でも、彼が働きはじめたら、あたしは、働く気がなくなっちゃうよね。そうしたら、けっきょく、食べていけなくなるのよ。だって、彼の仕事が長つづきするわけないもんね。それとは反対に、もし、彼がマジメに働いて、お金をたくさん稼げるようになったら、あたしは、捨てられるかもしれないじゃない。だから、あたしには、メーワクな男じゃないと困るのよ」

ヒモが、彼女が体を張って稼いだ金を浪費するからこそ、彼女は、働く気が起こる。

そして、彼がメーワクな男だからこそ、彼女は安心していられる ・・・。

ネジれてはいるが、それなりにヒモは大切な役割をはたしているのだ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする